オーストラリアで処方されている抗精神病薬のパターン

統合失調症は、幻覚、妄想、無秩序な行動を特徴とする精神障害です。 オーストラリアの医薬品給付制度(PBS)は多くの抗精神病薬を償還しますが、これらの選択肢の利用パターンと患者の特徴についてはほとんど知られていません。 目的:抗精神病薬の治療パターンと抗精神病薬の切り替えまでの時間を説明する。

Poster No. M4は、2019年5月12日~16日に開催された、オーストラリア・ケアンズの王立オーストラリア・ニュージーランド精神医学会(RANCP)会議で発表されました。

著者:N パイ、J ミュラン、M エイカー、P ジュネジャ、M H コカマリ、S シヴァ
2019年5月

Related Resources

抗精神病薬の実際の使用状況

Prospectionsのリアルワールドデータ分析を用いた最近の発表によると、オーストラリアの統合失調症患者の5人に1人は、旧来の典型的な長時間作用型注射剤(LAI)抗精神病薬で治療を受けています[1]。 統合失調症は、世界的に病気や障害による負担の上位10位以内に入り、世界で2,000万人が罹患しています[2]。 研究チーム(Pai, N.、Acar, M.、Juneja, P. らは、現実世界の消費者が、この一般的な症状を管理するために、現在の臨床ガイドラインに沿って薬物療法を行っているかどうかを理解することを目的としました。 抗精神病薬は、心理社会的な介入とともに、統合失調症の患者さんに対する主要な治療法です。 Royal Australian and New Zealand College of Psychiatrist Prescribing Guidelines(オーストラリア・ニュージーランド精神科医協会処方ガイドライン)を参照した。 オーストラリアの統合失調症患者における抗精神病薬の実際の使用パターンの調査。 その結果、大多数の患者さんが非定型抗精神病薬を投与されている一方で、5人に1人は古い定型的なLAT療法を使い続けていることがわかりました。 患者の年齢や治療期間などの要因は、治療法の選択と関連している可能性があります。 このリアルワールドコホートでは、非定型LAT療法への持続性は他の治療法よりも優れています。 論文全文を見る “オーストラリアにおける抗精神病薬の処方パターン:レトロスペクティブ分析” [1].こちら レトロスペクティブ・コホート解析は、オーストラリア連邦福祉局医薬品給付制度(PBS)10%サンプルデータを用いて行われた。 本試験は、ハロペリドール、パリペリドン、リスペリドンのメーカーであるJanssen-Cilag Pty Ltd Australiaがスポンサーとなり実施されました。 Janssen-Cilag Pty Ltd Australiaは、Prospection Pty Ltdに分析を委託しました。